経営

経営者にメンターは必要か?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

最近、メンターという言葉を聞くことが増えています。
そもそもメンターとは何なのでしょうか?また、経営者にメンターは必要なのでしょうか?

結論からいうと、経営者が大きく飛躍するには、メンターの存在は必要不可欠です。

しかし、メンターを名乗る人であれば誰でもいいわけではなく、いいメンターである必要があります。
いいメンターとはなにか?それを判断するためには、経営者にとってのメンターの役割への理解が重要です。

この記事では、メンターの由来、経営者にとってのメンターの役割、どういう時にメンターが重要な役割を果たすのか、コーチとメンターの違い、そしてメンターの見つけ方について掲載します。

メンターとは何か?

メンターの由来

そもそも「メンター」とはどういう意味でしょうか?
これはギリシャの詩人ホメロスが書いたといわれる叙事詩「オデュッセイア」に登場する「Mentor(メントール)」という老賢人の名前に由来しています。メントールはギリシャ神話で、英雄オデュッセウスがトロイア戦争で勝利できるように助言をしたり、オデュッセウスの息子の養育を任されたりと、オデュッセウスにとって信頼できる支援者でした。そこからメンターは、「助言者」「教育者」「恩師」などの意味で使われるようになりました。

ビジネスの世界では今、仕事やキャリアの手本となり、助言や指導をしてくれる人をメンターと呼んでいます。

なぜメンターが注目されるのか?

特に最近は日本でも、「メンター制度」を採り入れ、新入社員や、新しい役職についた社員などに、メンターとなる先輩社員をつける企業が増えています。

メンターはOJT(オン・ザ・ジョブ・トレーニング)とは違い、業務の手順を教えるだけでなく、生活面や職場の人間関係などでの指導や助言をすることも期待されています。

新人であれば社会人としての生活で悩んでいること、新任の役職者ならその役職に就いたことによって新たに生じた悩みなどについても、相談に乗ってくれる相手として全般的にサポートするといった役割です。

もともとのメンターの意味が、具体的な技術やノウハウの指導というよりも、人生全般にわたる「良き助言者」「指導者」であったために、こういう役割を果たす人を会社でも「メンター」と呼ぶことにしたのだと思われます。

ただし、会社で制度として取り入れられている場合、あくまでも目的は、その会社で成功することになります。もちろん、どんな環境でも共通する要因はありますが、「社内で成功しつつ、人間的にも成長する」という立場は、経営者とは根本的に違います。

なので、企業の制度として取り入れられているメンターのイメージは、経営者にあてはめられるものではありません。

経営者にとってのメンターの意味とは?

制度としてのメンターとの違い

企業内であれば、メンターになるのはかつてその立場を経験して、そこで実績をあげて高い評価を受けている先輩社員です。こういったメンター制度は、社員ができるだけストレスの少ない状態で働き、仕事も効率よく覚えていくためには有効な制度だと言えるでしょう。

ところが経営者の場合、メンターは誰かに指名されるわけではありません。もちろん、自分が会社を経営している立場なので「社内でうまくやる」ために必要だというわけでもありません。

では、なんのために必要になるのでしょうか?

経営者がメンターを必要とする理由

メンターとは自分が「指導を受けたい」「助言を受けたい」と思える相手です。また、自分が見本にしたい(ロールモデル)人、あるいは「あこがれの人」ということもできます。

ただし、具体的なノウハウ、たとえば事業計画の立て方とか、税務関連の知識とか、自分の専門とする分野の専門知識を教えてくれる人がメンターというわけでもありません(そういう人がメンターになる場合もあり得ますが)。

では、経営者が一番メンターを必要とするのはどんなときでしょうか?

それは、自分をより高いステージにあげたいときです。

今の状態に行き詰まりを感じてなんとか打破したいとき。

具体的なノウハウはいろいろやってみたが、何かもっと根本的な変化が必要と考えているとき。

今までのやり方に疑問を感じて、変化させなければと思っているとき。

そんなときに、メンターに出会うことで、

  • 今の自分ではできない発想の仕方ができるようになる
  • 今までの自分とは違うパラダイム(考え方の枠組み)を身につけられる
  • 自分だけでは明らかにできない今後の方向性や目的を明らかにする
  • 自分の天命をみつける
  • さらに、そこに向かうための指針になってもらったり、助言をもらったりといった手助けを得る

といったことが可能になります。

逆に言えば、そういうことをしたいと感じていないときはあまりメンターを必要だと思っていないときです。

そんなときに仮にメンターになり得る素養を持った人に出会ったとしても、「メンターになってもらいたい」とは思いません。

成功者は大事なときにメンターに出会っている

成功した人の話を聞くと、「迷いの時期」を経験した人がたくさんいます。

突っ走っていた間は良かったけれども、ふと立ち止まってみると、

  • このままのやり方では長くは持たない(人が足りない、働き過ぎ、人間関係が悪い、時代に遅れる)
  • クレームがたくさん出るようになった
  • 人が離れていった
  • 家族に問題が起こっている

などで立ち止まらざるを得なくなり苦しい時期を経験したと言います。

そんなときに、メンターと言える人と出会って、自分の今までの考え方ではわからなかった新しい「成功」や「幸せ」のイメージを持てるようになり、進む道が見えてうまくいったと言うのです。

このパターンはいつの時代でもありましたが、今は変化が激しい時代なので、「このままでいいのか?」と迷う経営者は今まで以上に増えています。

なので、経営者にとって「メンター」の存在は今まで以上に重要になってくる可能性が高いと言えます。

コーチとメンターの違い

ところで、メンターと似た役割として例に出されるものに「コーチ」があります。コーチとメンターは何が違うのでしょうか?

一般的には、コーチというのは、何か具体的な目標を達成するのをサポートする人で、メンターはもっと幅広い分野にわたって、指導したり、助言したりする人、という見方もあります。

ですが、そういった役割的な部分での違いよりも、むしろ、立場的な違いが大きいと言えます。

というのも、コーチの場合、コーチングをサービスとして提供している人と契約をすれば、その人のコーチングを受けることができますが、メンターというのは、通常は契約関係ではないからです。

自分が指導を受けたい、と思う人を「メンター」だと心の中で思うところから始まって、本当に直接指導を受けられるかどうかは相手がどういう人で、どういう状況なのかによって変わってくるため相対でのメンターとメンティー(教えを受ける側)になれるかどうかは確かではありません。

 

ただし、コーチングやコンサルティングをしている人がメンターにしたい人だった場合には、実際にメンターとメンティーの関係になることは可能です。

また、コーチとして契約した人がとても尊敬できる人だったので、後からその人をメンターだと考えるようになった、ということも十分にあり得る話です。

メンターの探し方

では、実際にメンターをみつけたい、と思った場合、どうやってみつけたら良いのでしょうか?

前述のように、「あなたのメンターになります」というサービスを提供している人がいるわけではありません(そんなふうにオファーされたら、何かあやしいですよね)。

では、どこを探せば良いのでしょうか?

まず手近なところではAmazonでビジネスや自己啓発、ライフスタイル関係の本をいろいろ検索してみる、というようなところから始められます。

そこで、興味をひかれた本の内容を見たり、実際に読んだりして、気になる著者がいれば、その人について調べたり、ブログやサイトを見たりしてみます。

講演活動やセミナーをしている人もいるので、そんなところをチェックすることもできます。

最近は気軽に入れるコミュニティを作っている人も多いので、いきなり「メンターになってください!」というようなことをしなくても、比較的簡単に接点を持てることもあります。

 

その人がコーチングやコンサルのサービスをしているなら、そのサービスを受けるということも可能です。

そういった中で、本当に「この人のこの部分を吸収したい」「この人のやり方を手本にしたい」「この人のライフスタイルを学びたい」と思える人がみつかったら、その人をあなたにとってのメンターにすることができます。

メンターを持つことの最大のメリット

経営者にとってメンターは、自分の人生の方向性を定めたり、これまでよりも高い段階に自分を引き上げる手助けをしてくれる人です。

自分自身で全てを決断しなければいけない経営者の場合、目指したい方向で成功しているモデルがいると、なりたいイメージややるべきことを明確化するのにとても助かります(必ずしも同じ業種でという意味ではありません)。

本で読むだけでも大きな影響を受けて人生が変わる人もいますが、自分がそう在りたい姿を実際に体現しているメンターが近くにいるほど、その恩恵は大きくなります。

その人の考え方や価値観は、日常生活やいろいろな人との接し方、仕事の仕方などを間近で見れば見るほど、文字や言葉で表現できない微細な部分までよく伝わってくるからです。

また、そういうメンターの周りには、自分と同じように、その人を尊敬する人たちが集まります。そういったコミュニティに属していると、一人で努力するよりも、お互いに良い影響を受けて、そのメンターから学びたい価値観や行動習慣を身につけやすくなります。

経営者にとって、メンターに出会う最大のメリットは、自分だけではなかなか気づけない新しいパラダイム(考え方の枠組み)を知ることができ、それによって新たな段階に飛躍するチャンスが得られること、そして同じ志を持った仲間と親しくなるチャンスが得られることです。

もしあなたもそういうメンターに出会いたいと思ったら、日頃から意識して探してみてください。この情報化社会のありがたいところは、アンテナを立てていると10年前とは比べものにならないくらい速く、情報があつまってくることです。きっとあなたも、求めているメンターに出会うことができるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

蘆原健二へのお問い合わせ

経営者・事業者の方を中心に、経営に必要な独自の帝王学を共に設計開発する物理研究者。 学生時代に両親が経営する会社が倒産、それをキッカケに独立起業を決意、20歳のときに個人事業主として独立、4年間で知人から数千万円の事業資金を集め、会社を設立し代表取締役に就任。 人生経営と会社経営に必要な、経営哲学、経営理論などを、世論に合わせ自分ではない他者から学ぶのではなく、世界で自分にしか使いこなすことのできない経営手法を、共に研究開発するためのアシスタントを提供しています。

蘆原健二へのお問い合わせ